マッツ!の覚書

日々のあれこれや、食べたもの等の覚書を保管するブログです!もし読んで頂けたら読者登録・コメント大々歓迎ですのでよろしくお願いします!

スポンサーリンク

【静岡ラーメン】2018夏は辛い麺を食え!「悟空林(両替町)」の「ジャージャー麺」は破壊力抜群

少し暑さが和らいだので悟空林まで歩いて行ってみた☆

毎日危ない暑さが続いていましたがここ何日か暑さが和らいだ日が続いたので、少し行動半径が広がってきたマッツ!です。
(とそんな日記を書いている今日この日はまた激熱!まだ終わらないのか夏!?)

お昼ご飯はどうしよう?とフラフラっと静岡の街中を進んでいくと最近来ていなかったこの看板に遭遇。

f:id:matsu_dx:20180731211656j:plain

あ、たしかに、できるだけ外を歩く時間は最小限に。そして食欲ばない日はコンビニで軽めになんて行動パターンだったので、両替町あたりまで出てきたのは久しぶり!?いや、こちらのお店は徒歩10分圏内なんですけれどもね、その10分が命取りになりそうな暑い日が多かったですからね。

お店の場所は静岡市の中心部の両替町の通り沿いにあります。

(お店の場所はこちら)

お店の営業時間は
ランチ11:00~14:00/ディナー17:00~翌3:00(日曜定休)

お昼ご飯を食べて少しゆっくりするならこの悟空林はおすすめ。
食後のコーヒーなんかもセルフですがいただけます。
ただ、そんなゆっくりできる場所だという事なんでしょうけれども、分煙にはなっていますがタバコが気になる方はちょっと厳しいかもし

れませんねぇ、、、。

ランチのメニューも豊富

f:id:matsu_dx:20180731211651j:plain
定番の中華料理メニュー7種類に、マッツ!もうれしい麺のメニューもあるんです。
そしてこれらのランチメニューは

こんな特典つき!

f:id:matsu_dx:20180731211648j:plain
日替わりおかずが当たりだと、それだけで満腹になってしまうくらいついつい食べてしまいマッツ!

上れ!いよいよ入店

f:id:matsu_dx:20180731211644j:plain

表にしっかり看板が置いてくれていないととても入りづらい雰囲気の階段を上って、、、

f:id:matsu_dx:20180731211639j:plain

お店に到着。

さて、今日は気分は辛い物。だからエビチリでも頼んでみようか?いやいやマッツ!さん、そこは麺でしょう。という心の声、辛味のある坦々麺で手を打とうか、、、。今日はよーくメニューを見ます。そしてしっかり考えます。

 

スポンサーリンク
 

 

ジャージャー麺 900円

f:id:matsu_dx:20180731211636j:plain

ここまでそんな物は出現してなかったじゃんーーーー!
っと思った皆様。マッツ!も同じです。
坦々麺と思いきやテーブルに置かれていた限定メニューを発見!!!!!!

比較的何度も来た事があるお店ですからね、なんか限定メニューというと新鮮!!!!
ジャージャー麺って少し味噌(?)がクドめなのが多く得意ではないんですけれどもね、今日は物珍しさが背中を押します。

店員さん:辛い物得意ですか?大丈夫ですか?
マッツ!:イエスーどんとこい!

なんていうやりとりが注文の際にありましたが、よく考えると、、、。
ジャージャー麺ってピリ辛でしたっけ?ちょっとクドいというイメージが強くてあまり「辛い!」っという事はなかったような、、、。

写真の右下の方にある小鉢にはいったもの。
パッと見た感じ「食べるラー油」的なものに見えます。
大丈夫ですよ、しかも少量ですからね、これくらいの量のラー油ならそのまま飲んでもダメージは少ないでしょう!!!

麺の感じはですね「うどん」そう、「うどん」ですね、これは。
味噌が色の感じからして相当クドそうですからね、最初から辛味全開でいきましょう。
全部味噌に混入して麺に投下!!!!!

早速一口食べて
「辛辛」
辛いですよ、結構な辛さ。
少量だから全然平気かと思いましたが、すごい存在感です。
これ以上の量を入れるたらかなりのダメージが、、。
そして辛味の種類的に、一口食べるごとに毎回新鮮か刺激を与えてくる本気のやつですね。

で全体的にどうだったかというとですね、、、。
ぎりぎり美味しく食べられる辛さ。で、その辛さもあって味噌のクドさを感じませんでしたし、その辛さがあるおかげで、別盛りの野菜類、錦糸玉子なんかも甘くそれぞれの風味やみずみずしさが感じられさわやかさアップ!

軽く汗をかく辛さでしたが、食べた後ももたれ感がなく、すっきりさんだったマッツ!からは以上!

(2年も経ってしまった前回の悟空林の記事

www.matsu-dx.info